ホームページ制作(和歌山)、Web・ECサイトはシステムキューブ

お問い合わせ 0120-517-855

素敵なお店にめぐりあえたら

2020/09/09

皆さん、こんにちは!

株式会社システムキューブです。

 

 

今日9月9日は

「手巻寿司の日」「ロールケーキの日」「栗きんとんの日」

「食べ物を大切にする日」など、

食に関する多くの記念日になっています。


普段飲食店を探すときなど、

インターネットで検索される方も多いのではないでしょうか。

最近では、クーポンなどと連動した

飲食店専門のサイトも豊富ですが、

そんななかでお店独自の公式ホームページがあると

区別化が図れて、とても便利です。


お店のメニューはもちろん、

外観や内装、スタッフの皆さんを

写真や動画、テキストなどで自在に紹介し、

お好みの雰囲気をアピールすることができるんです。

「このブログを読んだ方には●●円割引!」といったように、

クーポンの機能ももちろん付けられますから便利です。

どんなWebデザインなら、お店の個性が生かせるのか

ぜひご相談ください。

名前はくずだが役に立つ

2020/09/02

皆さん、こんにちは!

株式会社システムキューブです。



今朝、出勤前に時間がなくてパンをかじりながら

洗面所へ移動したところ、

家族から

「家じゅうにパンくずが落ちるからやめて!」

とキツめの刃のような叱責を受けました…。


 

大人になっても叱られると落ち込みますね。

新学期が始まって、なかなか布団から出られず

「いつまで夏休み気分やの!」と注意されていた

子ども時代からまるで成長しておらず、

反省しております。

 

 

ところでパンくずといえば、

ホームページ上にも時々あるのはご存知ですか?

 

上の画像で説明しますと、

「ホーム>水土里ネット有田川のご紹介>沿革」

と書かれている部分がありますね。

 

 

このような表記は「パンくずリスト」といって、

現在開いているページがWebサイトのどの階層にあるのか

一目でわかる機能なんです。

 

 

ホームページをあちこちたどっていると

「あれ、さっき見たページどこだっけ?」と混乱したり、

「戻る」を押したらエラーになってしまったりすることが

よくありますよね。

 

 

そんなときにも、この表示を見てクリックすれば

簡単にたどりつけるという、

いわばホームページ内での位置や道順を示す

地図のような働きがあります。

 

 

ところで、なぜ「パンくずリスト」という

名称がついているのでしょうか?

 

 

それはグリム童話『ヘンゼルとグレーテル』が由来なんです。

 

 

主人公のヘンゼルとグレーテル兄妹は

森の中の知らない場所へ連れて行かれるのですが、

迷わず戻れる手がかりとして、

パンくずを落としながら歩きます。

 

 

このシーンから「パンくず」が道しるべという意味で使われたんですね。

なかなか味のある(パンだけに…)ネーミングだと思います。

 

 

パンくずリストを作成することは、

ホームページを見やすくするほかに

SEO効果を上げるなど

多くのメリットにもなります。

Webサイトを作成する際には、ぜひご検討ください。

 

 

ホームページでは基本情報こそ大切に!

2020/08/28

こんにちは。
株式会社システムキューブです。

ホームページを運営し、お問い合わせ数や売り上げアップを目指す上で、
デザイン面やSEO対策などはもちろん大事です。

しかしそれ以上に、お客様(ユーザー)がサイトにアクセスした時に、
欲しい・知りたい情報が適切な位置に、分かりやすく入っているかということが重要です。
具体的には以下のような項目になります。

 

・トップページで何の事業を展開している会社なのかすぐ分かる

・会社概要を見れば設立年や従業員数、取引先など会社の規模が分かる

・代表様からのメッセージや社員さんの様子が伝わる

・いざ問い合わせしようと思った時に電話番号や、
メールでの問い合わせフォームが分かりやすい位置にあるか

・実際に訪れることを想定した時に、
正確な住所・地図・最寄り駅からのアクセスが分かりやすいか(何番出口が一番近いかも記載)

 

特に飲食店や販売・サービス業の場合、最後の「住所・アクセス方法」は必須項目ですが、
意外とここがきちんと書かれていないサイトも多いです。
本当に基本的なことですが、少しでもお役に立てましたら幸いです。

スマホからが8割

2020/08/26

こんにちは。
株式会社システムキューブです。

 

現在このブログを読んでいただいている方はパソコンからでしょうか?
もしくはタブレットかスマートフォンからでしょうか?

総務省が2017年に発表したデータによると、
個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、パソコン(48.7%)を上回りました。

 

それから3年が経った現在も、その傾向はますます強まっており、
特に10代の利用者では80%以上がスマホからしかインターネットを利用していないそうです。

わざわざパソコンを立ち上げて、ブラウザを開いて、インターネットを見る。
若い世代にとって、この行為自体が、もはや一苦労と言えるでしょう。

その為、ホームページやECサイトのデザインも、
「いかにスマホで見やすいか」を意識することが重要になってきます。

 

当社ではターゲット層や目的に応じて、スマホユーザー向けのWebサイトデザインや、
検索エンジンで上位に来る為の施策をご提案させていただきます。

お客様に寄り添ったホームページ制作を心がけておりますので、
是非システムキューブをよろしくお願いいたします。

トリプルを超えたその先は

2020/08/25

皆さん、こんにちは!

株式会社システムキューブです。

 

いきなりですが、当社のホームページアドレスである

「https://www.hp-wakayama.jp/」

という文字列をながめていたら、ふと気づきました。

 

「WAKAYAMAって表記、Aが多くない?」と。

 

「わ」「か」「や」「ま」の4文字はすべてア段の音なので、

ローマ字で書くと母音のAが4つも連なるわけですね。

 

最高評価のことを、よくAAA(トリプルエー)と言いますが

4つならそれより上、もっと最高ってことじゃありませんか…と

思ったところで、ある疑問が浮かんだのです。

 

“3重”や“3倍”はトリプル。なら、“4重”や“4倍”は何て言うの…?

 

シングル(1)、ダブル(2)、トリプル(3)までは

普段からよく耳にする言い方ですが、

4以上を指す言葉は、今まで知らずにいました。

 

そこで調べたところ、“4重”や“4倍”を表す単語は

「クアドラプル quadruple」

だそうです!

 

つまり、和歌山は

トリプルエーならぬクアドラプルエー、ってことですね(若干、発音しにくい)。

皆さんも機会があればぜひ口にしてみてください。

 

そんなAAAA(クアドラプルエー)な素晴らしい地・和歌山で

愛される企業をめざしていますので、

どうぞ当社をよろしくお願いします!